« 日本文学 in フランス | トップページ | いきなり“しんすけブログ” 今年もほんとにありがとう! »

2009年12月11日 (金)

助っ人登場

リグレッツは基本的に4人編成のアコースティックバンド(ギターはエレアコですが)です。

10人も入ると満員という小さなお店でライブをやる時には4人で、今度の横浜BBストリートみたいにスタンディングだと200人も入るようなハコの時は、サポートメンバーに入ってもらってがっつり音を厚くしますscissors

今回はすごいよ。4人のバンドに3人もサポートが入って、約2倍にcoldsweats01

リグレッツ史上最大人数です。

テナーサックスのCharlyさんは普段ジャズをやっているひとで、その昔は座間味で、今は関東近辺でダイビングのガイドをやっているというご縁で知り合いになりました。

学校でブラスバンドをやっている愛娘に影響されて、また、映画「スウィング・ガールズ」を見て感動して(sign02)、全く心得もないのに一からサックスをやり始めたガッツの男punch

元来が器用な上に練習熱心なので、その上達はめちゃ速い。が、耳に心地よい低音が、その成果なのかそれとも高価なヴィンテージもののサックスのおかげなのかは……

あなたの耳で、ぜひお確かめをhappy02

そしてベースとフルートのさんちゃん。

こちらは、しんすけ&ゆかりんの学生時代からの友人で、これまた器用なひと。ピアノも弾けるし歌も歌えるし、帰国子女で英語はペラペラだしsmile 学生時代、しんすけは先輩としてちょっといばってたようですが、今や逆転?

リグレッツのゆる~い曲にフルートが入ると、あなた。それは不思議。冬の横浜が、夏の始めの沖縄になって、さらさらと風が吹き始めるようshine

曲の好感度がUPします! あざーすsign03

そして、ジャンベのマサさん。サルサガムテープからの参加です。

去年は4人だけで、しかもギターの弦も4本しかなくて(切れたの……。こればっかり言うって、しつこいって、怒られるんだけどsweat01)、スカスカになってしまったリグレッツの音を、このひとが救ってくれました。

音だけじゃなくて、MCでも助け船を出してくれたり、まあなにしろ雰囲気の明るいひとなので、いてくれるとリグレッツにはない「華」が……tulip

(リグレッツにはない「若さ」、が正解なんですけどね。ふん)

この7人で、今まででいちばん楽しいライブが出来そうな予感ですshine

お近くの方、近くなくても暇な方、近くも暇でもないけど、ゆる~く明るく楽しい音楽が好きな方。ぜひ遊びに来てくださいまし。

もちろんサルサのライブも面白いよsign01 パワーをもらえます。

詳しい情報は、こちらをチェックしてください。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/schedule.html

« 日本文学 in フランス | トップページ | いきなり“しんすけブログ” 今年もほんとにありがとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297236/32564888

この記事へのトラックバック一覧です: 助っ人登場:

« 日本文学 in フランス | トップページ | いきなり“しんすけブログ” 今年もほんとにありがとう! »