« 博多・脂肪肝製造の旅( ̄▽ ̄;) | トップページ | 東京マラソンにかこつけて想う。 »

2010年2月24日 (水)

ひどい話が売れた話。

楽しかった博多の旅を終え、空港にタクシーで向かっていた時。

我々、アラフォーきれいどこ4人がぴーちくぱーちく話していたら、運転手さんの様子がおかしい。

「す、すみません。いけないと思ったんですけど、もう耐えられないsweat01

運転手さん、苦しそうに吹き出す。笑いを堪えていたらしい。

その時していたのは、アラフォーきれいどこ4人のうちでも特に美人で、とりあえずまだ30代のK代の話。

「そう言えばさー、K代ちょっと前に酔っ払って、どっかの植え込みに寝てたって?」

「ちがうの、気がついたら知らない豪華なマンションのゲート前だったの」

「寝てたの?」

「いや、立ってた……」

なんでも、気がついたらその豪華なマンションのゲート前に、なぜか自分のバッグが落ちているのをぼんやり眺めていたらしい。

はっと周りを見渡しても、全く知らない景色……。近くにあった線路沿いに歩いて行ったら駅が見えたので、そこから電車に乗って帰ったとか。

「そこまでどうやって行ったのか全くわからないけど、まあ多分乗り換えを間違えたんだろうと。でも、そこで寝てたのか、寝ながら歩いてたのかはわかりませんthink

きれいな顔で平然と言ってのけるK代に運転手さん、

「こりゃひどい……」fuji

サービス精神旺盛な我々は、そんなに喜んでもらえるならと、とっておきの話を蒸し返す。

「Fちゃんが高層マンションの下で寝てて、カップルに飛び降り自殺と間違われたのって、いつの話だっけ」

「いや~、この話は2年くらい封印してたんだけどさあ。1年前から解禁したのよ」

Fちゃん、タクシーで帰宅の際に自分ちの住所を間違って告げ、全然ちがうところで降りてしまったあと、力尽きてマンションの下で寝ていたそうだ。

そこへカップルが通りかかり、「あ、やっちゃった」と高層マンションを見上げたけれど、よく見るとFちゃんはバラを一輪握りしめたまま、幸せそうな顔をして眠っていたとか。

「なんなの、そのバラは」

「たしか、飲んでたお店で帰りがけにもらったんだよねえ」

Fちゃん、バラはしっかり握っていたけど、どうやらバッグはなかったようで警察に行き、

「盗難届を出したいんですけど」と言ったら若い警官に

「あんたねえ。酔っ払って眠り込んでたんでしょ。そゆのは、盗難って言わないの。紛失届けsign03」と説教されたそうな。

運転手さん。

「ひどいな……飛び降りと間違われ……ひどい……」

もう、肩だけじゃなくて全身を震わせて笑ってる。Fちゃん、サービス精神にさらに火がついて、まだわたしも聞いてなかった後日談まで話してくれた。

「その警官がね、何日かしてから自転車で近所を回ってたら、どっかの建物の陰にバッグがあるのを見つけたんだって。中を見たら、『第九』の譜面があって。どっかで聞いたような落とし物だってすぐぴんときたって」

「その警官が見つけたのsign02

「そう。あたしに説教して、紛失届を出させた若い警官」

「あり得ねー」

だって、田舎の駐在さんじゃないんですよ。天下の東京・日本橋ですよbuilding

運転手さん。

「すいません、まだターミナル前ですが、ここでメーター止めます」

「え、どうしたんですかsign02

「いやあ、こんなに面白い話、ただで聞いたら罰が当たります」

K代とFちゃんのひどい話が、お金に変わった瞬間でありましたhappy02

そう言えば今日は、K代のお誕生日だったねえ。30代最後の一年で、新たな伝説をつくってほしいわshine

                                               (ひめ)

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

                      人気ブログランキングへ

                          ↑

   いや~ホントにひどいっスね。この話、いくらです? いえいえ、クリックは無料ですのよ♪

« 博多・脂肪肝製造の旅( ̄▽ ̄;) | トップページ | 東京マラソンにかこつけて想う。 »

コメント

……なるほどね(涙)

リグレッツを応援してくれる理由が、少しわかった気がする。
(いつも、ありがとうっ!)

ぼくは、電車の床でまるまって寝ている女性を見たことがあります。

投稿: しんすけ | 2010年2月24日 (水) 12時23分

ひめ、すんません、
おもいっきり笑わさせていただきました!

投稿: ライア猫@京都 | 2010年2月24日 (水) 12時40分

ひどいでしょ?
どちらも、若い時分の失敗談ではなく、
いいトシしたアラフォー世代の話です。
あーやだやだ。酔っぱらいってcatface

投稿: ひめ | 2010年2月24日 (水) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297236/33508867

この記事へのトラックバック一覧です: ひどい話が売れた話。:

« 博多・脂肪肝製造の旅( ̄▽ ̄;) | トップページ | 東京マラソンにかこつけて想う。 »