« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の記事

2011年3月22日 (火)

ライブ再開!

 3月21日(月)春分の日。横浜TAPにて、「音名(おとな)のオンナ祭り」に参加しました。
地震、停電、交通網の混乱、物資の窮乏、そして原発。不安材料がこれでもかと押し寄せる中、予定通り開催してくださった主催者のぶるーす林さん、横浜TAP、そして音楽を楽しみたくて集まった皆さん。本当に楽しかった。感謝感謝です。
 起きてしまったこと、現在起きていることは何も変わらないけれど、それでもやっぱり音楽が、笑いが、仲間が必要なんだnote
 ふつうに集まって、ふつうに音楽やって、飲んで食べて笑って。そんなふつうのことに、こんなにも飢えていた。あれからたったの10日なのに。
 もう、あたりまえなんて思わない。本当に、感謝。この幸せに。

 さて、リグレッツは3月16日に予定していたライブが中止になってしまったこともあり、がつんと飛ばしましたぜ~。 節電バージョン(?)でアコースティック編成だったけど、電気の力よりも人力の方が勝ってた!気がします。
 今回はゆきねえとさんちゃんが欠席でした。なので編成は、ギター(しんすけ)、三線(ひめ)、パーカッション(ゆかりん)、カホン・パーカッション(やまとくん)、バイオリン(くみちゃん)の5人。
 バイオリンが奏でる鯨の歌声入り。美しき6/8拍子、「BLUE」
 スローに始まり、途中でテンポアップした変形版「オキナワ」
 海を歌うリグレッツから、眠る魂に心を込めて、「六月の島」
 はじめてボサノバに挑戦! 軽快なリズム! やる時はやるリグレッツ、「チャービラの庭」
 本日ようやくタイトルがついた新曲、魂の叫び、「TRAVELER」
 いやいや~。ここだけの話。
 あんまり大きな声じゃ言えないんですけど。
 リグレッツ、いいバンドです。成長しましたshine

 リグレッツ、オンナ祭りは二回目の参加だったんですが、今回も本当に個性豊かな出演者たちと一緒で、それはそれは楽しかったです。
 皆さん、それぞれ停電やガソリン不足でたいへんな思いをしていながら、本当に心から音楽を愛し、楽しんでいることが伝わってきました。負けるもんか!って力こぶつくるわけじゃなく、実にしなやかにこの現状を受け止め、それぞれの思いで被災地のことを考え、元気出して行こうってそっと隣のひとの肩をたたくような、そんな感じがしました。選曲とかね、そういうところにたっぷり詰まった想いが溢れてた。本当に印象深い一日でした。
 

 そしてひめはこの日、23歳を迎えました。皆さん、サプライズありがとうheart04
 え? 何かおっしゃって?

 ……聞こえません。                                                                     (ひめ)

2011032120430000                                   

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (7) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

クヨクヨはウキウキとチャンプルーにして!

 震災から明日で一週間。皆さん、お変わりありませんか?
 先の見えない不安が、わたしたちを包んでいます。いろんな噂が流れ飛んで、慌てて逃げ出したり、ものを買い込んだり。
 不安な思いが不安を声高に叫ばせ、それを聞くひとがさらに大きな声で不安を叫び、誰もが疑心暗鬼になっている世の中。でも。

 落ち着いていこうね。
 東京が、日本が、ひとの住めない廃墟になると思う? そうならないように、命を賭ける覚悟で闘ってるひとたちを、少しは信じようぜ。

 それでね、歌ったり、笑ったりしてね。
 自粛ムードだけど。
 電気を使いすぎないように、歌ったり笑ったりしよう。
 歌ったり笑ったりできるひとが歌ったり笑ったりしないと、できないひとはいつまでたってもできないから。
 
 リグレッツのリーダー・しんすけは、こう言ってます。

「この地震が起きた後、友だちに電話したところ、毎日ニュースの悲しい
映像を見続けて気分が落ち込んでいるので、リグレッツを見にいきたい
といわれました。それなら、きっと役に立てると思うし、意味があると
思うんです。
リグレッツは、いつもと同じように、その場にいる、見にきてくれた人
のために歌いたいと思います。」

 あはは。
 気分が落ち込んでるのでリグレッツを見に行きたい。それ、あたしも!

 みんな、頑張ろうね。
 そして、東北を応援しよう。
 震災で取りやめになった飲み会、一回や二回あるでしょ? その分を、募金だっdollar
 買いだめなんかしないで、戸棚や冷蔵庫の隅っこにあるものを点検して、あるものを食べるんだっpunch
 不確かな噂に振り回されない、噂をまき散らさないban

 出来ることをしよう。
 そして、笑おうねheart04                                 (ひめ)

          happy01          happy01          happy01

p.s. ところで。空っぽのスーパーの棚で、なぜいつもコンニャク・寒天だけが大盛り山積みなの? 誰か教えて……気になってしょうがない。

  

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

Un reve

 パリマラソンに出ることになり、毎年参加しているという日本人のおじさんがコースを走るので、ついて行くことにした。
 おじさんはめちゃくちゃ足が速くて、後ろからついて来るあたしのことなど忘れたように、あっという間に角を曲がって消えてしまった。
 おじさんが消えたのは、広大なホテルの中庭。右へ行ったものやら左へ行ったものやら。間違うと元のコースにはまず戻れないと思い、フロントのマドモワゼルに訊いてみることにした。

“Est-ce que tu connais le parcours du marathon de Paris? (パリマラソンのコース知ってる?)”
あたしはうっかり、タメ口で訊いてしまった。
“Pardon, est-ce que vous connaissez …… (失礼、……ご存知ですか?)”
 わざわざ言い直したあたしに、可愛いマドモワゼルは恐縮したように、だがきっぱり答えた。
“Desolee, je ne le connais pas. (すみません、わかりません)”

 この場所は初めてだけど、パリには何度も来ている。野性の勘を働かせて、あたしは左へ出た。河の底みたいな低い道だ。左側の建物に見覚えがある。この道で間違いない。
 走り出すと、いつの間にか足元にちょろちょろ水が流れ出していた。みるみるうちに足首まで浸かる。なんてこった、あたしセーヌ川を走ってる。慌てて縄梯子で右岸へ上がった。
 高い場所へ出たら、万博会場が見えてきた。巨大な中国館が聳えている。隣には慎ましやかな日本館も見えた。万博会場からなら、道はわかる。正式なマラソンコースはだいぶショートカットしてしまうが、少なくとも迷子になる心配はない。
 あたしは石畳の道を駆け出した。

 目が覚めた。
 あたし、走るのは好きじゃない。マラソンなんか興味ない。
 ……こないだ東京マラソンやってたからだな。間違いない。
 パリで万博やってるなんて事実はない。
  ……寝る前に読んだ本に、シカゴ万博のことが書いてあったからだな。それしかない。

 単純な頭。
 でも、夢のなかで喋ってたフランス語は、本物shine
 うししsmile
 (ちなみに、フランス語はちっともペラペラではありませんsweat01

 p.s. ゆきねえ
 こないだは、いったいどんな夢見てたの?
「ひどいですひどいですひどいですひどいですsign03  あああsign04
 ゆきねえの寝言はいつも激しい。                      (ひめ)

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »