« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の記事

2011年8月27日 (土)

モンペとクワ~♪ アザブジュバ~ン♪

フランス語を習い始めて5年になる。仕事にもプライベートにも一切必要ないし、学生時代に第二外国語として習った頃の悪夢から、出来れば避けたい言語だった。それが、パリという街の雑多な魅力にはまり、こうして5年も習い続けてる。

 英語は仕事に必須なのだが、これも決して得意ではない。まして、フランス語。5年やってますって正直に言うのが、ちと躊躇われるようなダメダメぶり。文法がほんと、体に染みこまなくて。英語ともまた構成が微妙にちがうフランス語の文法。目的語やら何やら、置く場所がちょっとちがうとまるっきり意味をなさなくなる。
 自分では一生懸命しゃべってるつもりだけど、おそらくフランス人の先生にとってはこんな感じなんだろう。
「昨夜わたしは何故帰るタクシー」
「終電がわたしを逃した」
「わたしは何本知らない昨夜飲みましょうたくさん頭痛い」

          pen          pen          pen

 先生はバンドをやっている。こないだ初ライブをやったらしい。Youtubeに載せたから見てね!って言うんだけど、探してみたら同名のバンドが山ほどあって見つからない。
 そう言ったら、「じゃあ曲名と一緒に検索してみて!」と言って、あたしのノートに日本語で書いてくれた。

 「月と大よう (The Moon&The Sun)」

 あたし、フランス語ではこてんぱん。だけど日本人歴はそこそこ長い。すかさず教えてあげる。
「点がないよ」

 フランス人は「あ、そっか~」と、慌てて点を加えた。

 「月と犬よう」

 ……外国語って、難しいよね。
最近、英語でかっこよく歌ったりラップしてるトム佐柳はすごい、というお話でしたcoldsweats01
見るかい?)                                  (ひめ)

          note          note          note

| コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

他に用事がある場所でもなし。

 熱狂的ひめさまファン以外には、いらない情報かもしれないが。
トイレにおける所要時間が、超短いです。

 こないだも会社のトイレに、たたっと入って、ささっと出て来たら、洗面所でお化粧直ししてた先輩が吹き出しました。
「ねえ。早くない?」

 だってさぁ。そもそも女子って、トイレでなにしてるんだろ? なんであんなに長いんだろ? ねえねえ、なんで?
 飲んでる時に女子トイレがふさがってると、凹むわ~。ビールが温くならないうちに、一刻も早く席に戻りたいのに!

 今日も会社で席を立ってトイレに行き、帰って来たら、1分しか経ってませんでした。隣の席のEちゃんに、「ちゃんと手洗ってるの?」と言われました。
「洗ってるよう……」
「うちの子(小2・男子)もめちゃ早いから、ちゃんと手洗ったか問いつめたら、結局洗ってなかったわ」
 おたくのダメ男(小2)と一緒にするなよう……。洗うのも早いんだよう。

 あまりにもいらない情報だったと思うので、全く関係ないheart01可愛い映像heart01をどうぞ。
 FacebookでThe Policeのこの曲が大好きだと言ったら、教えてもらいました。あまりに可愛いので、あちこちに貼りつけてるのーhappy02
 リグレッツも、こんな楽しいステージができたら幸せだなーheart04 (ひめ)

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

四谷ソケース、満員御礼!

 リグレッツ、真夏の三週連続LIVEのラスト! 四谷ソケースロックにお越し頂いた皆さん、ありがとうございました! 真夏の暑苦しさを倍増させる、本当に熱いステージとなりました!
 
 ひょんなことから転がり込んだ今回のライブは、ギタリスト堀尾和孝さんが出演出来なくなった枠をあなた!リグレッツが! 頂いてしまったというわけです。堀尾さんのステージでいつもオープニングを担う、BUNさんとの共演つきで!
 満員御礼のソケース。外も中も熱気むんむん。リグレッツ、レギュラーメンバー7人全員そろって、はりきって演奏してきました!

 まずはリグレッツ前編。

6294000_1249272555_188large
1. TRAVELER
2. シウマイブギ
3. 六月の島
4. BLUE
5. 浮上まで待てない
 リグレッツは初めましての、BUNさんのお客さんもいっぱいの中で、まずはつかみたい! そんな選曲をしてみました。1曲目からトム佐柳のラップが弾け、2曲目ではひめがこっそり「崎陽軒」のテーマを弾き、3曲目は三線とバイオリンとフルートでちょっとしっとりし、4曲目でバイオリンがクジラの声を奏で、5曲目で四谷を沖縄に。
 お客さんは……う~ん、笑ってるから、まいっか!

 お次がBUN&ロドリゲス。

6294000_1249272536_85small

HPではBUNさんのことを、「大熊のボディに天使の歌声の持ち主」と紹介していましたが、今回は天使の歌声はなく、大熊のボディに野太く男臭い歌声でした!曲によってはハイトーンファルセットで、とっても可愛く歌うのよ♪ アコギのBUNさんとエレキのロドリゲスさんに、ソケースのスタッフにしてサックスプレイヤーのHamberさんが加わって、DoorsやBeeGeesなどを中心に男らしいロックの世界が展開されたのでした。
 BUNさんは、なんと緊張してたんですって! 歌もプレイものびのび、トークは軽妙、客席を笑わせっぱなしの素晴らしいパフォーマンスからは、とても信じられません。あっという間に楽しいステージが終わってしまいました。

 そしてリグレッツ後編は。
1. チャービラの庭
2. 自然がいっぱい茅ヶ崎
3. 水曜日
4. Wanna Go Out
 あの派手なステージのあとですが1曲目はしっとり始まり、2曲目はゆかりんの軽快な歌とトムの玄人技の口笛を聴かせ、3曲目で主砲ゆきねえが弾け、4曲目でトムが歌って女性客のハートをわしづかみにし! ここでゲストの登場♪

6294000_1249272525_87large
5. What A Wonderful World
6. ビールがない!
7. パンダカーに乗って
 5曲目は言わずと知れたルイ・アームストロングの名曲ですが、BUNさんが歌うとまるで本物のサッチモcoldsweats02 歌い出した瞬間にびっくりしたひと、多かったんじゃないでしょうかね~。Hamberさんのサックスも、泣かせますなあ。6、7曲目はそのままお二人にステイして頂き、お客さんももう、どっちを観に来たとか関係ない!という一体感が出てきた! こういうの、気持いいですね~。ビールがない!も、ヘイホー!も、合唱して頂きました。ドラムからまた波動砲も炸裂してた~!
 そしてアンコール。ロドリゲスこと菅谷さんにも加わって頂き、C.C.Rの「Proud Mary」で大団円。燃えた……燃え尽きた……真っ白に。

 金曜日の夜、仕事帰りの方がほとんどだったと思います。お疲れのところをお越し頂き、本当にありがとうございました! 満員御礼は嬉しいけど、狭かったですよね。お店の方は頑張って注文にお運びに、動き回ってくださってましたけど、ちゃんと飲んだり食べたり出来ました? 終わった時間もわりと遅かったけど、無事に帰れましたか~? 本当に本当に、ありがとう。
 BUNさん、ロドリゲスさん、楽しいステージをありがとうございました。来てくれた皆と一緒に楽しむ、本当に素晴らしいエンターテイメントでした!
 Hamberさん、魂のサックス、かっこよかったです。センシティブな音響の調整だけでも忙しいのに、厨房にいたりサックス吹いたり、八面六臂とはこのことですね! ありがとうございました。
 そして堀尾さん。こんな素晴らしい機会を頂き、ありがとうございました。堀尾さんの穴を埋めるというわけにはいきませんが、これからも何かありましたらぜひご指名をwink
 頑張りますよ~!

 リグレッツ、このあとはしばらくお休みです。別に休業するんじゃなくって、たまたまライブの予定がないだけです。
 どなたか、楽しいお誘いありませんか~? メンバー7人、首を長くしてお待ちしてますわ~♪ (文・ひめ/写真・BUNさん提供)

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

真夏の祭典、ちっちゃく開催♪

 リグレッツ、真夏のライブ週末第二弾。「夏の海・海の詩Vol1: 沖縄&ハワイ」と題した茅ヶ崎Marryでのライブイベントが無事終了しました。
夏の暑さを吹き飛ばせ!ってな意気込みの企画だったんだけどな。雨だった。てなわけで、雨雲を吹き飛ばせ! 終わった時にはすっかり雨も止んでたよ♪

 トップにリグレッツ。今回のメンバーは、しんすけ・ひめ・ゆかりん・トム(さんちゃん)・くみちゃん・やまとくんの6人。やまとくんはなんと、ついこの間30年ぶりに会ったという小学校時代の友人をお呼びしてまして。ライブっていうか、同窓会? トムはちょっと久々にベースを担いで、やった曲はこんな感じ。
1. お月見のうた (ゆかりんオリジナル。穴に落ちて足を剥離骨折した時の歌です)
2. 自然がいっぱい茅ヶ崎 (ここで演らなきゃどこで演る)
3. チャービラの庭 (リハで「誰の曲ですか?」って訊かれてたね。しんすけ作曲です!)
4. シルクロードのテーマ (ゆかりんの二胡をフィーチャーして。夏らしくないですけど♪)
5. Wanna Go Out (「洋楽みたいだ」って呟きが録音されてましたcoldsweats01 トム、外人だし)
6. ビールがない! (皆さん大合唱ありがとう! ノリのいいひとたちで嬉しい♪)
7. パンダカーに乗って (皆さんヘイホーありがとう! ノリのいいひとたちで助かる♪)

 次がMahalo Hoapili。男性2人組、ウクレレ&ギターのユニットです。普段は4人で活動していて、2人の時はブラザーズエロエロという名前だそうです。「エロエロ」とはハワイの言葉で「神々の宿る音」という意味が…………ないよbleah
 本格的・伝統的な(たぶん)ハワイアンからロコのヒット曲まで、幅広い選曲で楽しかったです。出番前、お二人ともえらい緊張してたみたいだけど、ひとたび始まったら堂々たる演奏で、Marryが美しいハワイの情景と重なりました。マイタイくださ〜い、って感じだったな。

 最後が妖艶なチャイナドレス姿の美しい二人組三線・島唄ユニットのスッパイガールズ。さっきまでハワイだったMarryが、途端に沖縄に。張りのある歌声、息の合った演奏。芸達者ですねー。那覇の路地裏で、どっかの民家から流れてくる三線に出会う時のような、ちょっとせつない響きがたまらんです。泡盛くださ〜い、って感じ♪
 と思ったら、またハワイです!KAPUA GAJUMARUという、4人組フラガールズの登場です! 「涙そうそう」や「てぃんさぐの花」など沖縄発のポップスや民謡に、フラの優しい動きがぴったり合ってる。フラの仕草は、歌を大切に抱きしめている感じがいいですね。歌詞の内容がより際立ちます。
 ああ、やっぱりハワイと沖縄なんだな〜。いいないいな。リグレッツはどのあたりだったんだろう?

 楽しい時間はあっという間に終わってしまいました。来てくださった皆さん、Marryさん、ありがとうございました。ハワイと沖縄風に言うなら、「マハロ」、そして「いっぺーにふぇーでーびたん」!
 それと、最後に珍しい「ライアー」というドイツのハープを聴かせてくれた小杉節子さん。美しい音色をありがとう。こちらは「ダンケシェン」かな♪

 次回のライブは三週連続週末ライブの最終打! 8月5日(金)20:00より、四谷三丁目 SOKEHS ROCK(ソケース・ロック)で行います。今回はレギュラーメンバー7人そろっての出演! そして「大熊のボディに天使の歌声」、BUNさんという素晴らしいエンターティナーと共演! 
 金曜日だし、飲みに行くか〜!ってなノリで、ぜひ遊びに来てくださいまし♪  (ひめ)

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »