座間味

2011年10月17日 (月)

激流からマンタまで♪

 全国に8人くらいはいるかもしれないリグレッツファンの皆さま、こんにちはcoldsweats01
 今日はリグレッツの活動とは直接関係ない、でも創作方面には多大な関係がある、座間味の海のレポートです。
 潜らない方は、「沖縄でダイビング」と聞けば、きれいな海できれいなお魚を見る、っていうのをイメージすると思うんですが、実はそれだけじゃないんです♪ 
 どんな感じか、ちょっと想像してみてくださいまし~。

2011101112220000 2011101212150001  

 今回の、ひめ的ランキング3位。「愛の激流」
 慶良間諸島(座間味・阿嘉・渡嘉敷など)で一番の激流ポイントとして有名な、「下曽根(しもぞね)」。海図にも激しい流れを表すマークがつけられている、外洋ポイントです。しかも大潮。普段は船から海へ飛び込んだあと、グローブをつけたりマスクをゆすいだりしながら、のーんびり水底を目指すんだけど。ここでは飛び込みながらガイドロープをキャッチ。そのまま水底まで、ロープから手を離さずに降りて行く。手を離したら、そのままぴゅーっと流されて、さようならです。船から水底まで伸びたロープに数人がつかまって流れに煽られている様は、まるで鯉のぼり。
 なぜ、そんなおっかないところへ行くのかって言うと。やっぱりこんなとこには、それなりのスリルがある。流れをものともせず、悠然と人間たちを睥睨して通り過ぎて行く、イソマグロやロウニンアジなどの大型魚が。……いませんでしたけどcoldsweats01 それなりに魚影は濃かった。さすが外洋。
 船に戻る時はまた、さらに激しい流れの中を鯉のぼり状態で浮上。流れにはちょうど呼吸のような間断があり、ちょっと横を向くとマスクが吹っ飛びそうな水圧に耐えると、ふっと緩くなる。そしてまた、レギュレーターのマウスピースがちぎれそうな強烈なやつが来る。その繰り返し。船に上がる時も、梯子に足をかけて上半身が水面から出ても、まだ水の中にいる下半身だけ持って行かれそうになる。
 基本チキンなので緊張しましたが、終わると何とも言えない快感がやってきた。こゆスリルが、癖になるんだなあ。

2011101212350001 2011101410040000

 2位。「愛の漂流」
 激流に揉まれるのもスリルですが、大潮の楽しみ方と言えばやっぱりドリフト。これは慶良間の海、潮を知り尽くした我らがスーパーガイド・阿武(あんの)氏率いるコーラルダイバーズのお家芸。わたしはこれを知ってから、あちこちの海を潜り歩くのをきっぱり止め、座間味にどっかり落ち着いてしまったのです。
 ポイントは「久場島(くばじま)」。下曽根の時とちがい、入る時はのーんびり。色とりどりのサンゴやイソバナ、キンギョハナダイやグルクンなどが群れ泳ぐのを眺めながら、だんだん流れが出てくるのがわかる。その流れに乗って、ひたすらぴゅーんと飛んで行くのが、ドリフトダイビングです。
 流れはあっという間に強くなり、フィンキックなんて一切しなくても勝手に体が飛んで行く。ダイバーは浮力さえ調整できていれば、両手を広げ、眼下の景色を俯瞰して鳥になった気分を味わうもよし、珊瑚の上ぎりぎりをかわして、超低空グライダーの気分を味わうもよし。わたしは……両手両足をぶらんとして、ボーフラのように浮いたまんま流されて行くのが、好き♪
 800mほど流されたあと、ふっと体を倒して右に曲がると、ぴたっと流れが止まる。阿武氏が水中ノートをかざす。「終点です」。
 海を知り尽くした男。ブラボーです♪
(このブログのタイトル部分に写っているダイバーが、阿武氏です。写真は水中写真家の中村征夫氏。ココログのテンプレートになっています)

2011101212320000 2011101118350000

 1位。「愛の輪舞(ロンド)」
 大潮に訪れるチャンス。慶良間ではここ、伊釈加釈(イジャカジャ)というポイントに、あいつがやって来る。そう、あの大きい、ひらひらした、白黒の平べったいやつ。

 20111011_p10607611

                             (写真・Akiko Kariatsumari)

 そう、マンタです。
 でもね~、大潮だからっていつも出るとは限らず、まあマンタ狙いなら慶良間じゃなくてパラオの方が確率は高いんだけど。だからパラオで見るマンタとちがって、希少価値があるとわたしは思う。というか、パラオで見るより、興奮する!
 これまた阿武氏の潮読みがばっちり当たり、マンタはあちらからひら~っとやって来たかと思えば、ゆるい弧を描いてまた戻って来たり、優雅なその動きはまるで舞のよう。
 ひらひらと平べったい形から、多くのダイバーはマンタを一枚、二枚と数えます。この日現れたのは、三枚のマンタ。二枚でワルツでも踊るようにしながら現れた、その後ろから更に一枚ひらひらやって来たのをフィニッシュに、「もうマンタは当分いいぜ」なんて思いながら浮上したのでした。

 もちろん、ダイビングの合間には宴会♪
 その日上がったというマグロが売店に入っていたので、買ってきてお刺身にしたり、

2011101219010000  

  残りは漬け丼にしたり、

2011101413140000

 暮れていく空を眺めながら、港でビールを飲んだり、

2011101117470000  

 いつもの「パーラーざまみ」ではおばちゃんが「おかえりなさい」と言って、またまた頼んでないのにじゃんじゃんつまみを出してくれたり。

2011101417120001

 帰りの那覇では、公設市場の食堂でお兄さんが「お久しぶりです!」と歓迎してくれたり(ミミガーおまけ、ありがと♪)。

2011101512380000

 ま、いつもいつも同じところしか行かないってことなんですけど。
 そんな全てが楽しくて、止められないんです♪

 さてさて、リグレッツはこの秋もライブやりますよ~!
 10月23日(日) 港区高輪区民ホールではチャリティーライブに参加。
 11月17日(木) 学芸大学 APIA40では夜のライブ。
 年末まで、休まずじゃんじゃんやります。詳しくはHPを見てくださいまし♪ ゆる~い時間を、一緒に楽しみましょうnotes

 追記: わたしは大潮を楽しんで来ましたが、この大潮でタイの洪水被害がさらに深刻になっているようです。震災で地盤沈下した地域も、大潮のたびにたいへんな思いをしていることでしょう。はしゃいでばっかりの自分を、ちょっと反省しています。

          note          note          note 
 

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (12) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

だから好きなんだ!

あれは何年前だったか。しんすけ・ゆかりんとひめが、座間味で出会った。そして座間味つながりでゆきねえと出会い、初期リグレッツがスタートした。
 そこから輪が広がり、しんすけ・ゆかりんの学生時代からの友人さんちゃんが加入し、茅ヶ崎つながりの縁でくみちゃんが参加。やまとくんはと言うと、しんすけが友人のライブを見に行ってひとめぼれし、スカウトしたのであります。
 ま、そんなわけで座間味はリグレッツの原点。毎年海があったかくなると出かけて行き、ネタを仕込んで帰ってくる。今回はね、しんすけ、ゆかりん、ひめ、そして海の仲間たちと、わいわいやってきました。

2011062810100000

 ご存知のように、今年の梅雨明けは異常な早さだった。だから、季節はもう夏。梅雨明け直後の夏じゃなくて、とっくに梅雨明けした夏。だから、いや~な予感がしたんだけどね。案の定当たってしまった、台風。
 我々が島に入って間もなく、台風が接近。沖縄本島と座間味を結ぶ船は三日間欠航し、島のスーパーからは食材が消え、やがて食堂も閉店。最接近した日はダイビングも丸一日お休みで、暇を持て余した我々はもちろん、昼から宴会。しんすけ・ゆかりんたちの泊まっている民宿と、ひめたちがいるチャービラを行ったり来たりしながら、三線やウクレレで歌ってみたり、島で手に入った新鮮な魚介で絶品ご飯をつくったり。品不足でも泡盛やビールはふんだんにありましたので、肝臓がアルコール漬けになるほど飲んだのでした。

2011062412120000

 そしていよいよ帰る前日。コンディションのよくなった海で思いっきり遊び、帰りにビールを飲もうと「パーラー座間味」へ行った。
 リグレッツのライブを見てくれたことのあるひとなら、ご存知かもしれない。初ライブからやっている「浮上まで待てない」という曲に出てくるお店です。解説はこちら
 ふだんは観光客や修学旅行生などがアイスやかき氷を食べたり、村のひとがお弁当を買いに来たりするだけのちっちゃなちっちゃなお店なんだけど、我々は島に滞在中、毎日のように海帰りに寄っては「ビール」「ビールおかわり」「ビールおかわり」「ビールおかわり」ってやってる。あんまり長居をするので、民宿のおばちゃんが「ご飯出来てるよっ」と迎えに来たことは、この歌のハイライトになっている。

2011062716380000
 でも今回は、夕方いろいろ忙しかったり、台風でお店が閉まっていたりで、とうとう帰る前日まで行けなかった。なんとしても一度は行かなきゃ、てんで海帰りにまた「ビール」「ビールおかわり」「ビールおかわり」「ビールおかわり」
 最初は息子さん(かな?)とおじさんしかなかったんだけど、わいわいやっていたら外出していたらしいおばちゃんが店に戻ってきて、我々の 顔を見るなり「まあまあまあ!」と駆け寄って来た。
「そろそろお見えになる頃かな~、って思ってたけど全然見えないから。どこのどなたともお聞きしてなかったから、もしかして震災でどうかなさったかと心配してたんですよ~」
 おばちゃんの語り口はあくまで上品で静かで、優しい。ついでに言うなら肌が白くて、すべすべであった(関係ないけど)。
 あたしたちは、大丈夫ですよ~、みんな元気ですよ~と笑ったけど、おばちゃんは眼鏡を外してハンカチで目尻を拭っている。
 まさかまさか、おばちゃん泣いてるの?
 おばちゃんは「よかった、本当によかった」とまだハンカチで目を押さえながら、小さな潜り戸を抜けて店の中へ入って行った。そしてまた山盛りのポテトフライを運んで来た。
 「頼んでないのにつまみが出てくる」
 これ、デフォルトじゃありませんから! おばちゃんを泣かせるくらい通い詰めたら、いつかあなたも頂けるかも。
 な~んてのは冗談ですけど、知らないところで誰かが自分たちのために心を痛めていてくれたかと思うと、なんだかじ~んと来ますね。こんなところが、島に惹きつけられる理由なのかもしれません。

2011062315090000 2011062809330001 2011062711070000

 さて、遊んだあとはやりますぜ~! リグレッツ、次のライブは7月24日@横浜! あれ、まだちょっと遠い……。

          note          note          note
 

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (9) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

座間味へ里帰り

 リグレッツ、こころの故郷。リグレッツが生まれたと言っても過言ではない場所。そう、それが沖縄・座間味島ですshineshipshine
 ひめ、このたび座間味へ里帰りして来ました~(って、おパリへ行っても里帰りって言い張るんですけどね。座間味育ちのフランス人を想像してくださいまし~happy02 シルブプレnote

 2010101410320000

10月の沖縄は、陽射しはこちらの夏ほどもあって昼間は暑いんだけど、朝晩は涼しいし、ひとは少ないし、海はあったかいし、言うことなしscissors
 そしてこの時期はキビナゴがいい感じの群れをつくっていて、海の中がとっても明るいんです。だってキビナゴって、ぴかぴかしてるんだもん。あたしはよく、「青の中に散らした銀色の紙吹雪」って言ってます。すこーんと抜けた透明度のいい海の青に、銀河みたいに光をちりばめたようなのshineshineshine

 そのキビナゴが、一瞬にして網にかかったように丸くボール状になる。かと思えばさっと流れてオーロラのようになる。そんな動きをするのは、追われている時。群れの後方を見ていると、やつらを狙ってカツオやアジやマグロの類がsign03dash
 今回はロウニンアジやイソマグロ、バラクーダなど、なかなかの大物が現れてくれました。

2010101410430001  

海の中ではなるべくだら~んと過ごすのが好きで、あんまりぴしっとしていない。そんで、砂の上や岩陰に転がってるナマコを見つけては、ひっくり返してお腹を撫でたり、脇腹をこちょこちょくすぐったりするのが大好きheart04
 でも今回は、ナマコの腹撫では2回しか出来ませんでしたsweat02
 何故ならば  海のコンディションが非常によく、普段なかなか行けないようなポイントに連れてってもらってばかりだったから。そゆポイントって、たいていずどーんと切り立ったドロップオフだったり、海底にどっしり根を下ろした山脈みたいなところを、コンドルにでもなった気分で飛行して行くことが多いので、ナマコを愛でてる暇がないのよ……
 あ、すみません。贅沢でした、はいsweat01
  「うっとりするようなウメイロモドキに囲まれた」という、幸せ体験もいたしました。今回は8本しか潜れなかったなんて愚痴は、口が裂けても言いませんhappy02

2010101416150000

 お泊まりは愛用のチャービラhouse  去年オープンした新しいコンドミニアムですが、すでにリグレッツの歌になっています。これが、「チャービラの庭」だっhappy01

2010101409220001

 そして、「チャービラの庭」で三線の練習だっpunch

2010101218240000

 でも、蚊の餌食になってしまい……翌日からは、クーラーの効いたお部屋で練習しましたcoldsweats01

 夢のような時間はあっという間に過ぎて、今日からまたお仕事の日々……。でも那覇で買ってきた島豆腐で、お夕飯はゴーヤチャンプルー。まだまだ島気分が抜けないのでしたwink     

2010101821220000

                                      (ひめ)

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

                  人気ブログランキングへ

                         ↑

チャービラの庭で、お茶を飲んだんだろうな? とお疑いの方。きっぱり言いますけど、歌なんてフィクションですからねっ(←開き直り) 何のためにこの世にビールがあるってんだ。……クリックいつもありがとね~♪ 

| コメント (8) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

緑の太陽

石垣島で「グリーンフラッシュ」が現れた、とニュースで言っていた。
水平線に日が沈む瞬間、太陽とその周りが緑色に光る、非常に珍しい現象。これを、ずっと見たがってたひとがいた。

海仲間のそのひとは、座間味で会うと必ず「今日、夕陽ツアー行こうよhappy01」と言っていた。海から帰ってシャワーを浴び、早めの夕飯を済ませた頃がちょうどいい。バスの運転手さんも、毎年訪れては皆を誘って夕陽ツアーに参加してくれるそのひととは、すっかり顔なじみだ。
島の西端にある断崖の上、むき出しになった岩盤で日没を待った。わたしたちは夕陽よりもビール。運転手さんにはよく、「あんたたちの夕陽ツアーは、どうせ場所を移した宴会になるだけだpunch」と笑われた。でもそのひとは、みんなから少し離れて寝転び、黙ってビールを飲んでいた。自分から誘っておいて、楽しんでるんだか寝てるんだかよくわからない、動かない背中がいつもの姿だった。
「グリーンフラッシュっていうのは、雲ひとつないばかりじゃない、本当に空いっぱいどこにも雲もガスもなくて、クリアにクリアに透き通ってなきゃ出ないんだshine
わたしたちの目から見ればじゅうぶんにクリアな晴れた日でも、それは本当はじゅうぶんじゃなかったようで、太陽はいつもあたたかく金色に輝いて沈んでいった。

ある年の夏、そのひとはまた「夕陽ツアーに行こうよhappy01」と言った。よく晴れた日だったけど、午後から霧のようなガスが出ていて、すぐそこにあるはずの隣の島さえ見えなかった。それでも、みんなであの場所で夕陽が見たいんだって言い張るので、またビールを買い込んで出かけた。
そのひとは、もう体のあちこちが病気で悲鳴を上げていて、結局それが最後の夕陽ツアーになった。その日の夕陽は案の定、グリーンフラッシュどころか、太陽の輪郭さえぼんやりと、薄い霧の向こうへ落ちていった。

思い返せば、そもそもリグレッツの始まりは、しんすけから「夕陽ツアー」という歌をつくったのでちょっと歌ってみてくれない?と言われたところから。ピアノとボーカルだけで録音もしたんだけど、わたしは今より更に更に歌が下手だったし、キーが高くて歌いにくくて、あんまりその録音をひとに聴かせたい気分じゃなかった。
だからわたしが歌ったテイクじゃなかったかもしれないけど、そのひとはその歌を聴いて、「涙が出ちゃったよ~」と言ったそうだ。
その後リグレッツはちゃんとバンドになり、いっぱい曲もできて、友だちもいっぱい来てくれるようになった。でも、「夕陽ツアー」はそっとしまわれたまま。聴いたことのないメンバーも多いと思う。

どうします? 隠れた名曲として、いちどくらい外に出してみます?
それともやっぱり、そうっとしまっておいた方がいいのかな?
今ならあの時より、少しは上手に歌えそうな気がしますけどcoldsweats01       (ひめ)

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

                人気ブログランキングへ

                          ↑

グリーンフラッシュは、ハニーフラッシュの色違いではなくってよ。色違いって何だ? クリックありがとうね♪ 

| コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

座間味便り

リグレッツのしんすけ・ゆかりん・ひめは今、座間味に来ていますscissors

毎日、こーんな海に潜ってheart04

2010062814060000

そのあとはもちろん、「港の近くのパーラー座間味でナナナナ生ビール」beer

2010062716510000

写真は……お気づきの方もいらっしゃると思いますが、「頼んでないのにつまみが出てきた」図happy02

今回は「ビールくださ~い」って行くと、「お帰りなさ~い」って言ってくれるようになり……

日々こんな感じ

2010062816160000

一昨日は満月→部分月食→満月で、毎晩のように集落歩きが楽ちんです。足元が明るくて、影がくっきり。

こういう島での日々をたくさん歌にしているリグレッツですから当然なんですけど、久しぶりに島に来てみると、「おお~、歌のとおりだ」と思うことがありすぎてcoldsweats01

まだ歌になってない島のいろんな魅力を、少しでも拾って帰りたいと思います。そのためには島の魅力を存分に感じなくてはheart02  

そんなわけでまだしばらく、遊んで来ますね~。もうすぐチャーリーも登場。お留守番組は、おのおの自主練のこと~bleah                          (ひめ)

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

                   人気ブログランキングへ

                          

  一週間以上更新してなかったのに、クリックしてくれてる皆さん、ありがとうsweat02

  だのに自慢ばっかりしてごめんなさ~い。おほほほっほ~♪ あ……順位が急落sign02 sweat01 いや~んwave

| コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

勝負!

年を訊かれて「いくつに見える?」と返すのは、サバを読むより下等なことと言われています(ほんとに?)

わたしも絶対やらない。だって、聞き返された相手が正直に答えるわけないし、ただ下等なやつと思われるだけだなんて、つまらないもの。

でも。子供にはやっちゃうcoldsweats01

妙齢の女は、子供にとって「お姉ちゃん」と「おばちゃん」のどちらかでしかなく、

人生経験がほんの数年しかないやつらの目なんて、わたしの自慢のお肌は見えても

目尻や首筋の微妙なとこなんて、見えてない見えてないhappy02

そう。今のところ、子供から「おばちゃん」と呼ばれたことはない。

子供に接する機会が日頃ほとんどないことや、呼びかけてふと口ごもる子供に

「どうしたの? お姉ちゃんに言ってごらん」と、先制をもってその口を封じる技を持つことなど、この際たいした問題ではないし。

しかし、さすがにこの頃微妙なことになってきたかな。

この秋、座間味で。小学生の女子に何故か囲まれてのビアタイムbeer

子供の狙いは、我々のおつまみなんだけど。

海仲間のなかではダントツの若さを誇るK、30代になったばかりの男子。最近、生活の疲れか、めっきり白髪が目立ってきた。

そこへ小二女子の「ねえ、おじさんchick

「え、俺おじさん?」

「うんsign01 めっちゃおじさんsign03 ていうかおっさんhappy01

天真爛漫な悪魔と、がっくりうなだれるK。

わたしはすかさず、勝負を挑んだ。

「あら、じゃあこのお姉さんは、お姉さんかしら。おばさんかしらannoy

小さな悪魔、2秒くらい考えて、

「おとなのひとsign03

と答えて、走り去って行った。

あれほど貪りあさっていた、おつまみピーせんも放り出したまま……

          fish     fish     fish

ゆきねえは、今日から座間味です。

わたしよりも更に、小さな悪魔を困らせる年齢不詳大権現。ぜひ、勝負を挑んでほしい。

え? ゆきねえ那覇に足止めなの? 船が出ない?

……勝負の前から、負けているのかsign02

ゆきねえsign03                                     (ひめ)

                       note     

リグレッツ公式HP

http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/index.html

| コメント (2) | トラックバック (0)