リグレッツ豆知識

2011年9月 6日 (火)

全く役に立たないベスト10♪

 8月5日以来、ひと月もライブをやっていないリグレッツ。練習もなくて暇なので、ちょっとデータをとってみました。それは、リグレッツの曲、演奏回数♪

 リグレッツが今まで一番たくさん演奏した曲。それは。
 じゃじゃーん、「浮上まで待てない」です! 演奏回数、22回。ライブが34回ですから、65%のステージで演奏したことになります。2008年10月の初ライブから最新の回まで、コンスタントに選ばれていますね。
 お祭りっぽい感じの曲なので、大きなステージの時は楽しくていいんだけど、小さなハコやアコースティック中心のしっとりしたステージの時は、やらないことが多いかも。しっとりした雰囲気の中でバカになりきるには、まだまだ修行が足りないということで。

 第2位は「パンダカーに乗って」(18回)。2010年3月に初登場なので、1年半でもう2位という演奏回数。最近はリグレッツのテッパンです。どれだけ楽器を投入してもがちゃつかない、体力自慢の曲でもある! なにより、オリジナリティーが自慢です。だって、誰も歌わないでしょう、パンダカーに乗った体験なんて……。

 第3位、パンダカーと1回差でした、「BLUE」(17回)。こちらも初ライブからずっと、大切に演奏してきた曲です。2回目のライブ前に、茅ヶ崎在住のミュージシャン・かしわ哲さんに特訓を受け、グルーブとは何かを叩き込まれた思い出の曲。可愛い顔して筋肉質なイルカ、そのものです……なんちって。

 以下、
 第4位「オキナワ」「イワシの気持」「チャービラの庭」(16回)
 第5位「六月の島」(15回)
 第6位「ビールがない!」(14回)
 第7位「自然がいっぱい茅ヶ崎」(11回)
 第8位「水曜日」(9回)
 第9位「夏だから」(8回)
 第10位「TRAVELER」(7回)
と、なりました。

 こうやって振り返ると、ゆきねえが歌う「オキナワ」と「水曜日」の回数の差は、「水曜日」が出来た頃から仕事が忙しくなってライブに参加出来ないことが多くなったんだな~、とか、ひめは暇でライブにあまり欠席することがないから、「チャービラ」とか「六月」が上位だな~とか、わかりますねcoldsweats01
 10位の「TRAVELER」は今年の1月に初登場したばかりなので、これからまだまだ伸びそうだし、トム佐柳がつくって歌う「Wanna Go Out」も、当分外せないナンバーですね~。あと、ゆかりんのつくった「お月見のうた」は、まだ未完成ですがわたしは個人的に大好きなので、ぜひたくさん登場させたいです。

 そんなわけで、しばらくぼけ~っとしていたリグレッツですが、9月には初の野外という話も。詳細が決まり次第お知らせしますので、HPもたま~に覗いてみてくださいまし。
 それでは、誰が興味あるか知りませんが、11位以下を発表して今週はお別れです(DJ風)。ごきげんよう~♪  (ひめ)

 11位「河童」「ジャパン政府観光局のうた」(6回)
 12位「シウマイブギ」「黒島めざしてGoGoGo!」「ただいま」「ひとんちで」「Wanna Go Out」(4回)
 13位「マンゴーの木の上で」(3回)
 14位「夏を待つ」「ロングバケーション」「Bakeryゆかりん」「Charly's Band」「お月見のうた」(2回)
 15位「いま、このとき」(1回)
 番外編「ナチデムヌ」(「夏だから」ウチナーグチバージョン)
    「野菜がいっぱい山森」(「自然がいっぱい茅ヶ崎」八百屋バージョン)
    「好きだから」(2010年5月阿佐ヶ谷Next Sunday・オープニング曲)

          note          note          note
    

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

とりあえず遊女レベルで。

有吉佐和子の小説、「出雲の阿国」。言わずと知れた、歌舞伎の創始者と言われる女性の生涯を描いたものだが、読んでみると意外に今の歌舞伎とはほど遠い。
 歌舞伎っていうのは要するに、日本の伝統的ミュージカルみたいなイメージだけど、阿国の一座がやっていたのはあくまでも踊りが中心で、そこに囃子がついて歌をのっけて、ってな感じだったらしい。
 京の四条河原に小屋掛けして、町人たちを相手に毎日興行を打ち、たまに身分の高いお偉いさんに気に入られるとお屋敷に住み込んで接待の宴席で芸を披露。褒美に高価な衣装やら金子などを頂いてまた河原へ戻るといった感じ。歌舞伎っていうより、芸人ですね。
 
 人気が出れば当然、二匹目のドジョウを狙う者どもが現れる。河原には小屋が建ち並び、阿国の一座は他との差別化を図るために演出を凝らす。男装の女、女装の男、コミカルな演目からシリアスな物語まで、芸の幅はどんどん広がっていく。
 そこで興味深いのはですね、実は阿国の一座ではなくて、ライバルたちが始めたことなんだけど。なんと我々にはおなじみの、あの楽器が登場するわけだ。
 そう、これsign01

2011011521320000

 当時「蛇皮線」と呼ばれていた三線が、なんと四条河原で大流行したと言う。弾いていたのは街の遊郭からやって来た遊女たち。
 遊郭の楼主たちが河原に小屋を掛け、昼間は仕事のない遊女たちにここで歌ったり踊ったりさせて客を集め、それはそれは町人たちの度肝を抜いたらしい。なにしろ、それまでいちばん流行っていた阿国一座はたった数人、それに比べてこちらは二、三十人の遊女をずらっと並べ、何丁もの三線をじゃんじゃかかき鳴らしたと言うのだ。
  なにしろ「芸妓」ではなく、あくまで「遊女」なのでたいした芸ではなかったようだが、それまで鉦や太鼓、あとはせいぜい笛くらいで演じられていた「歌舞伎」を、琉球伝来で異国情緒漂う高価な三線でたっぷり聴かせられては敵わない。まして楼主たちの目的は「芸」ではなく遊郭の宣伝であるのに、大衆は派手で珍しいものへあっけなく流れていく。
 向かいの小屋から聞こえる三線の音に、阿国はじめ一座の人々は歯がみして悔しがったと有吉女史は書く。
 
 そう。歌舞伎と言えば、袴姿の男性がずらっと並んで三味線弾いているけど、あれが全部艶やかに着飾った遊女で、二倍も三倍もいるというのが歌舞伎の原型なのだろうか。
 そして遊女たちは三線を弾くのに本来の「爪」じゃなくて、琵琶の撥を使っていたようだ。あるもので代用する。爪は伝来しなかったのかしら。で、撥の角が引っかかって三線の皮が破れる。ご存じのように三線の皮は蛇。現在はビルマニシキヘビが主に使われているらしいが、当然そんな大蛇はヤマトにはいない。青大将なんかちまちま剥いて、三線の胴に貼れるかってんだ。そこで、近くにいる動物の皮を使うようになって、現在の三味線に至るということらしい。
 爪って、ちなみにこんなやつね。材質は水牛の角。う~ん、なんてアジアtaurus

2011020901050000
 
 秀吉から家康の世へ移りゆく時代に、京の都で三線が大流行したなんて、知らなかった。原材料のせいか、三線は三線として定着せずに三味線へと形を変え、現代の世になって再び、改めて三線としてヤマトへ広がってきた。
 そんな歴史の末端にいる自分を感じながら、今日も愛用の三線「お嬢」を手に取る。
 とぅんてんとぅんてん、ぽこ。
 ……ん?
 とぅんてんとぅんてん、ぺし。
 
 ……いつになったら上手くなるのか、ひめよ。                (ひめ)

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

録音部だ。

今日、届きました。これですshine

             ↓

2010041716320000

レコーダーです。リーダー・しんすけが持っているのと同じメーカーのもの。お勧めだってことで、素直に購入happy02

リグレッツの曲は100%オリジナル。オリジナルってことは、お手本はない。
新曲が出来た時、コンポーザーしんすけの頭に鳴っている楽器は譜面にしてもらったり、鳴っていない楽器は自分で鳴らしてみて、イメージに合うかどうか試してみる。
コーラスだったらなおのこと、楽譜にしてみないと脳が納得しないけれど、納得した後は繰り返し耳で聴くことで、体に染みこませていく。

ああ、なんかかっこいいshine
ま、そんな感じで、白紙の状態から7つの音を持つ音楽へ、出来上がってていくのがオリジナルの醍醐味ですね。
それにはやっぱり、練習の録音ってのは欠かせない。だって、お手本はないんですもの。
エンディングの間奏って何小節だっけ、と思っても、コピーだったらオリジナルを聴けばいいけど、オリジナルだったら正解はないわけで。
何度やっても1小節長くなってしまう、となれば、そもそもその1小節を足すのが座りがいいんじゃないか、なんてね。

正解がないからこそ、オーディエンスの視点(聴点?)で聴いて、いちばん気持のいいポイントを探っていく。もしくはいちばん違和感のあるポイントを探ることもある。毎回来てくれるひとに、「なんだ前と同じ」と思わせないために。
そんなわけで、練習の段階からリーダーがマメに録音→配信(入り口限定)→各自ダウンロード→ipodなりで聴けpunch
ってやってるscissors

でも、全ての練習が録音出来るわけでもない。忘れちゃうこともあるし、採ったのが本番前日だったりすれば、配信してもらってもこちらが聴くヒマがない。
ようく見れば、ベース・フルートのさんちゃんも、サックス・宴会部長のチャーリーも、自分で録音してたりする。

……あたしもレコーダーを買って、好きなだけ練習を録音して、ipodで繰り返し聴いて、コーラスや三線やピアノのアレンジを考えるぞdash

そんな真面目が服着て歩いてるような考えで、買ったの。も一回見る?

                       ↓

2010041716320000_2

あは、何度見てもおんなじだってbleahbleahbleah

そゆわけで、なんならリグレッツ録音部はわたしが担ってもよろしくってよ。残業もなく、まあ言ってしまえば、リグレッツでいちばんヒマ人なわけで。
フトコロに余裕があれば、ビデオカメラも買って、映像部まで進出できれば更にいいんでしょうけどねえ。

ね、スーパー幹事チャーリーさん。こないだのライブ映像、まだかしら?punchpunchpunch (ひめ)

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

          note          note          note

                人気ブログランキングへp>

 ひめさんって、意外と真面目にやってるんですね。飲んだくれてるだけだと思ってました。

 ……ん。わかればよろしい。反省のクリックをすれば、なおよろしい♪ あはは♪

| コメント (7) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

スーパー幹事現る!

リグレッツの宴会つったら、「おバカさんたちのビール大会」としか言いようがない。
ただの大バカ集団だと収拾がつかないんだけど、ここにひとつのshine奇跡shineがある。リグレッツの隠れた至宝。それは、サックスのチャーリーhappy02

土曜日のライブは昼間だったので、ライブハウスを出たのが4時半過ぎくらいだったかな。チャーリーはまだ準備中の居酒屋に狙いを定め、少し早く開店してもらったのみならず、

beer 料理はお任せ・飲み放題でひとり3000円(既存のコースメニューにはそんなのありませんsweat01
beer 時間制限は乾杯から2時間(全員にお酒が揃うまで時間がかかること、よくありますよねwobbly
beer 料理とお酒は2時間で終わりだけど、そのあと30分はステイしてよしheart04(つまり宴会トータル2時間半コースhappy02

これだけのことを、いつの間にかちゃっちゃとお店と交渉して決めてくれたのでしたgood

さらに、始まる前に短くひと言。
「席を移動する時は、自分の皿と箸を持って動くことsign03

確かに、みんな自分のグラスは死守するけど、動いた先々で「お皿くださーい」ってやりがちな……sweat01

スーパー幹事のめくるめく仕切りにすっかり安心し、22名の参加者は心わくわく。するとここで、チャーリーともあろう者が、とんだ間違いをする。
「じゃあまず、ビールのひとsign02
「はーいっsign03sign03sign03
と挙がった手、20本……paperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaperpaper

「ま、間違えたsweat01 ビールじゃないひとsign02
すりおろし白桃サワー、などという小洒落たアルコールを注文した女子が二人。しかし、「あたし烏龍茶down」などというゲコちゃんは、ひとりもいないのでありましたcoldsweats01

チャーリーの鮮やかな仕切りに感じ入るところがあったのか、お店のひともピッチャーと一緒に
「飲み放題にはふだん出さないんですが」と、キンキンに冷えたジョッキを20個持ってきてくれたbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeerbeer
あのね。ふつうはグラスだよね。ジョッキなんか持ってきちゃうとね。

ピッチャーが空いて空いて、しょうがないのよdashdashdash

ピッチャーを下げては追加を運び、下げては運び、お店のピッチャーはきっとフル回転だったと思う……

ピッチャーは、注ぐのにも少々時間がかかるから、あっつう間に空けて「おかわりheart01」つったって、すぐに来るもんじゃない。1個や2個じゃないんだし。

で、ビールが来るまでおりこうさんに待ってはいるんだけど、店員さんが両手にピッチャーを持って現れるともう拍手喝采・口笛・指笛、ああもう大騒ぎimpactsweat01sweat02dash

みんないい年したオトナばかりですよ……。学生以下かpunch

でも、最近の若者はあんまり飲まないんですってね~down

リグレッツはビールが大好きだけど、仲間もみんなビールが大好きheart02  この世にビールがあって本当によかった。ビールを発明したのは古代エジプト人でしたっけsign02
心から言いたい。本当にありがとうheart04heart04heart04

そしてリグレッツの至宝、スーパー幹事チャーリー。今後とも、よろしくpaper あ、幹事だけじゃなくって、サックスもなbleah                             (ひめ)

          note          note          note 

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

                 人気ブログランキングへ

                      ↑

  なに、週末の宴会に幹事がいない? ……クリックありがとう♪ チャーリー貸します?bleah

| コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

海はひろいな

先日のライブ。

「浮上まで待てない」のサックスソロでチャーリーは、「海はひろいな」のフレーズを吹きました。

12月のライブではここに「ジングルベル」を入れたんですが、1月25日というと特に季節柄っていう歌もなく。海の歌だからというシンプルな思いつきでした。

ところで、この歌。この8小節で、ワンコーラスなんですねえ。今さら気づきました。

   「海はひろいな 大きいな

    月はのぼるし 日がしずむ」

たったこれだけの歌詞で、遙々東西を見渡せる海の大きさをみごとに表している。

すごいです。

よけいな言葉はいらないってことですね。

削って削って、聞き手に伝わるぎりぎりまで削って、そうして残った言葉は真っ直ぐに、すとんと胸に響く。

……ビールなんか飲みながら、だらだら書いてるブログなんてあかんっつうことでしょうかねえ~coldsweats01

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

                 人気ブログランキングへ

                      ↑

ま、そうは言ってもだらだら読むのもブログだから、ってものわかりのいいあなたも、応援クリックお願いします♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

リグレッツはどれだけビールを飲むのか。

皆さん、こんにちは。海とビールを歌うリグレッツですhappy02

こないだも石川浩司さんにライブ中いじり倒されましたけど、他にも「リグレッツの皆さんはそんなにビールをたくさん飲むんですか」とよく訊かれます。

まあ、確かに。

ほとんどの歌詞に「海」と「ビール」が入ってますからね。

ビールに関しては

beer 「港の近くのパーラー座間味でナナナナ生ビール」 (浮上まで待てない)

beer 「ビールとおにぎり窓辺に置いて」 (水曜日)

beer 「ビール片手に見上げれば」 (夏だから)

beer 「島の防波堤で飲んだ 冷えたオリオンビール」 (夏を待つ)

その他には

bar 「毎日シャンパン」(河童)

bottle 「夜ともなれば星を見ながら 泡盛が飲める」(黒島めざしてGoGoGo!)

などがありますが……

まあ、確かにビールはよく出ますね。

しかし具体的にどれくらい、となるとなかなか難しい。いちいち数えながら飲むわけじゃないし。

そ・こ・で。

リーダーしんすけは、考えました。

いつもの酒屋さんが配達してくれる時、瓶ビール1ケースにひとつ、「エビスビール」の札がついてくる。これをとっておけば、不可能と思われた「具体的実数」が可能になるflair

そんなわけで、今年の1月1日から札に配達日と通し番号をつけて、とっています。

2010013018520000

……7枚(1ケース20本入り)。

1ヶ月に、エビス大瓶140本。

これが、しんすけ&ゆかりん家で消費するビールの量。

1月はライブがあったから、ほぼ毎週末リグレッツの合宿

だったとして……

これが、まあリグレッツの週末のビール量ということでしょうか。

このペースで今年一年間でどれくらいビールを注文したか、統計を出して酒屋さんに報告するのが楽しみですnote

でも。

この酒屋さんによると、一般の家庭でこれだけビールを注文するのって、ここんちだけじゃないみたいですよ。町内でも、まだ上がいるみたいです。

負けてる場合じゃないなあdash

でも、ビールだけじゃなくて日本酒もワインも泡盛も飲みたいからなあcoldsweats01 

ちなみに。

ここの酒屋のお兄さん、上腕二頭筋が素敵ですlovely 今は冬なので見えないんだけど。

ああ、早く夏にならないかな〜……catface                        (ひめ)

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

                 人気ブログランキングへ 

                          ↑  

       甘いなっ!ウチの方がもっとビール漬けだぜ!って方も、是非応援お願いします♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

ニックネームの謎。

皆さん、メリークリスマスxmas イブはいかがお過ごしに?

わたしはもちろん、クリスマスらしく過ごしましたわ。 え? ワインってクリスマスらしくない?

ところで、クリスマスとは一切関係ないんですけど。

わたしはリグレッツでは「ひめ」という名前で出ています~note 「姫」ではないのね。ここ重要ね。別に、お姫さま扱いしてくれるわけでも何でもないのね。

あだ名の由来は数年前、ダイビングで若い男性スタッフに「300本記念だから、お姫さまだっこで潜りたいのぉ~」とおねだり。

陸上では物理的に辛いリクエストでも、海の中は指立て伏せだって巴投げだってお姫さまだっこだって、何でも出来ちゃう夢の無重力空間。(空間ではありませんでしたな)

リクエストは通りました。まるでディズニー映画のお姫さまと王子さまのように、だっこで潮の流れに乗るふたり……heart04

その日から、一緒に潜ったダイバーたちがふざけて「ひめ、ひめ」と呼ぶようになり、翌日から一緒になったひとたちも「このひと、ひめって呼ばれてるんだ……」と思いこみ、そうやっていつの間にか定着してしまいました。

だから、呼ばれると二つの意味でこっぱずかしいのね。

言葉の響きと、セクハラの思い出と……。

          crown          crown          crown

そう言えば、飲み仲間に「王子」って呼ばれてた男もいました。彼のきっかけは。

壁に貼ってあったメニューの「ポーク玉子」を「ポーク王子」と読み間違えたこと。

後で彼は「ウケを狙ったんだ」って言ってましたけどね。そりゃあ、沖縄出身でポーク玉子を知らないわけないんだから、本当なんでしょうけども。

それでもしばらくの間、呼び名は「ポーク王子」。そんでそのうち、「ポーク」になりました。

彼はいつまでも、「後半を省略するな。どうせなら前半を省略しろー」と主張してましたけどね。

          pig          pig          pig

リグレッツファミリーのあだ名は。

「ゆかりん」

なんとも単純ですね。これで名前が「ゆかり」じゃなかったら、けっこうな衝撃ですけどね~。

残念ながら、名前は「ゆかり」です。はい。

「ゆき姉」

本人は「なんであたしだけ『姉』がつくの~! ゆかりんも同い年じゃない~! ていうかあたしの方が学年はひとつ下なのに~!」とかなんとかいろいろ叫んでいますが……ほんとは気に入ってるんでしょ?

「さんちゃん」

苗字が「さ」で始まるだけなんですが、なんとなく本人のほんわかしたイメージに合っている感じ。昔っからの呼び名って感じで、安定感がありますな。

「Charly」

こないだライブでゆき姉にも「なんでCharlyなんですかね~?」って突っ込まれていましたが、ほんとになんでですか? 由来はありそう。今度教えてね。

「しんすけ」

……あだ名じゃないですよね。なにか呼び名がほしいと言うので、みんなで考えてあげたんですよ。「パーラー田中」とか、「タイガー・ジェット・シンスケ」とか。

全部やだって言うのよ~。だからひとりだけ、呼び捨てですsmile

あと、応援部には「マリリン(♂)」とか「シュナウザー」とか、犬シリーズもいます。

そのうち、変なあだ名特集でもしてみようかなflair

          note          note          note

リグレッツ公式HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

          人気ブログランキングへ

応援クリックよろしくお願いいたします♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

始めました~♪

flairじゃじゃじゃ~んshine

リグレッツ、ついにホームページを始めました。

そして、こちらのブログもよろしくです。

まあ、たいした内容は期待できませんけど……sweat01

それでね、まずは見てください。このテンプレート。

きれいに澄んだ青い海。シルエットも美しく浮かぶダイバー。

う~ん、まさにリグレッツワールド。

ワールド……

ん? この写真、どっかで見たような……

そう、これは中村征夫さんが撮った慶良間の水中写真で、写っているダイバーは

なんと、我々がいつもお世話になているダイビングサービス、コーラルダイバーズの

阿武ボスsign03flair

ブログのサービスをどこにしようかな~、と探していた時、このテンプレートを

見つけて、即ココログに決定しました。

そんなわけで無断使用ではありませんから、ご心配なくgood

かな~りローテクで面倒くさがりのヒメが、管理人をやっています。(頑張ったpunch

いかにも素人がつくったホームページで、いろいろ改善すべき点があると思いますので、

気がついたことはどんどんご意見をお寄せ下さい。

掲示板もあるので、気軽に書き込んでくださいね~。

演奏部も応援部も宴会部も、みんながもっと近くなるために役に立つと嬉しいです。

どうぞよろしくお願いしますheart04happy01heart04

リグレッツ公式HP

http://www7b.biglobe.ne.jp/~regrets/

| コメント (2) | トラックバック (0)